10/18(火)に北24条Voiceで行われたライブへ行きました

店内ビッシリとファンで埋め尽くされた、月田秀子さんのライブを堪能させていただきました。

img_6553

月田 秀子(つきだ ひでこ)は、ファド歌手。東京都生まれ。立命館大学文学部中退。
関西芸術アカデミー俳優養成所を経て、未知座小劇場に入団。女優として活動する傍ら菅美沙緒、出口美保の下でシャンソンを学び、1980年に「シャンソニエ・ジルベール・ベコー」でデビューを果たした。
その後アマリア・ロドリゲスに影響を受け、本格的にファドの世界へ。1987年にはポルトガルに留学し、ファド歌手としてデビュー。日本初の本格的ファド歌手として普及活動に貢献。
2006年頃線維筋痛症を発症するが、闘病しながら活動を続けている[1]。2010年、ポルトガル大統領よりメリト勲章を受ける。

Wikipediaより

ファドというジャンルに生で接するのは自分は初めてでしたが、心に染み入る歌声に魅了されました。

闘病しながらの活動ということでしたが、そんな感じを一切感じさせない歌はやはりプロ。

こういった音楽に触れることのできる機会を見逃してはいけない!という思いを抱くライブ。

ファンで一杯のVoice

img_6681

※写真のダウンロード、無断使用は禁止です。

北24条という北海道のいち街へ、日本全国から大勢のファンが詰め掛けました。
店内は立ち見が出て、身動きとれないほどの盛り上がり。

これだけのファンがいるということが、月田さんの素晴らしさを物語っているのではないでしょうか?

きっと、歌・音楽だけじゃなく、人柄にも多数の人たちを引き寄せる魅力があるのだろう。

生ギターと歌の掛け合いが日常を忘れさせてくれます

img_6559

※写真のダウンロード、無断使用は禁止です。

ポルトガルギターの音色は、普段生で耳にする機会が少ないであろう旋律を奏でられ、聴き入ってしまいます。
そこに、月田さんの歌声が入ると、目を閉じて聴きたくなる心地よさ。

18:00からスタートので、アンコールを含めると予定よりも30分ほど押して、20:30くらいまでのライブでしたが、時間を忘れて音楽の世界観に浸ってしまいます。

なかなか体験できないライブではないでしょうか?
北24条で、こんな素晴らしい音楽と巡り合えるとは思ってもいませんでした。

月田さんの歌声もさることながら、素敵なアーティストをセッティングするVoiceの活動にも感謝です。

歌とは打って変わってMCでは優しく柔らかく会場全体に話しかけてくれる

img_6566

※写真のダウンロード、無断使用は禁止です。

歌声も素敵ですが、MCの一言一言に重みがあります。

病と闘いながらの音楽活動は、きっと大変なことも多いのだろうと思いますが、ライブの間はそんな雰囲気を感じさせないパフォーマンスを魅せてくれました。

img_6665

※写真のダウンロード、無断使用は禁止です。

最後に、北24条のこのライブで、これだけのパフォーマンスをすることができたのだから、もう少し体と相談しながら音楽、ライブを続けようかなとの言葉。

会場全体から拍手喝采。

素敵な音楽を、まだまだたくさんの方々に届けて欲しいな・・・そんな風に感じる素敵なライブでした。

そして、こういった機会を作り出してくれたVoiceさん、ありがとうございます。

cafe Live Bar Voice