北24条のVoiceで震災支援チャリティーLive

IMG_9454

3/11(金)に「今日、3.11のチャリティライブやってるから~」というお話を聞いて、cafe Live Bar Voiceへ行って来ました。

今回のライブはベターデイズプロジェクトの代表横山さんに来場いただき、ベターデイズプロジェクト様を通して福島の子供を守る会への義援金を寄付されるとのこと。

催し時間を目一杯に調整して、たくさんのアーティストさんが演奏されていました。

IMG_9407 IMG_9421

IMG_9405会場に着いたら、既にライブが開始していて、序盤から熱い盛り上がりを見せていました。

中には、お馴染みのナンバーが演奏されると、一緒に参加して踊り出す人も。

かしこまった会場ではできないような、こういったお客も一体となった参加型の雰囲気は嫌いじゃないです。

プロとして活躍されてるシンガーさんも登場したりと、見ごたえあるパフォーマンスが展開されて、見に行った方々は存分に満足されたのではないでしょうか?

星野裕矢さん

IMG_9449

ギターを弾きはじめたのは18歳の頃からと遅いが、アマチュアのフォークミュージシャンであった父親の影響もあって、70年代の邦人アーティストに関する知識は、評論家も顔負けのレベル。北里大学水産学部に在籍していた20歳の頃からソングライティングをはじめ、シンガー・ソングライターとなる。好きなアーティストは、安全地帯を筆頭に、Char、友川かずきなど、極めて多岐にわたる。さらに老人ホームの慰問ライヴなどの経験を通じて、昭和初期の楽曲も自らの血肉としており、今後の作風の広がりを期待させる。

星野裕矢-wikipedia

IMG_9445さすがにプロの歌声でした。甘い歌声に癒されます。

安全地帯のカバー、”ワインレッドの心”など、馴染み深い歌を甘い歌声で聴かせてくれました。

現在は安全地帯との繋がりもあって、北海道在住だとか。

これからも注目していきたいアーティストですね!

ここで出会ったのも何かの縁!応援していきましょう!

札幌で活動し続けるアーティストも目白押し!

演者多数でジャンルも幅広かったことから、会場では老若男女幅広い層の方々で埋め尽くされ、ライブを楽しんでいました。

IMG_9468 IMG_9428

IMG_9486 IMG_9488

歌、音楽が人を繋げるというパワーを感じれるイベントだと感じました。

会場は満員御礼状態で、演者・客揃ってこの場の雰囲気を楽しんでるのが伝わって来て、とても楽しい空間。

IMG_9479

こういったイベントが北24条で開かれてるということも、広く知っていただきたいと思いました。

これが、5年前3.11の傷跡に何かしらの救いになると考えたら、音楽の力はすごいと改めて認識した次第です。

IMG_9494

こういった素敵なイベント企画されたvoiceのお二人、関係者様、お疲れ様でした。

また、こういった機会があったら声をかけていただきたいと思いました。

そして、3.11の震災があった現実を、風化させずに記憶に残し、このようなイベントを通じて、いつまでも忘れない記憶としてとっておこうと感じました。

cafe Live Bar Voice