拘りのお酒が揃う「朱蔵」さんが“而今”と“鍋島”再入荷

IMG_9190晩酌に最適なリーズナブルなつまみと、お酒通の方々も唸る珍しいお酒・焼酎が揃う「朱蔵」さんが、“而今” と “鍋島” を再入荷したとの告知をされておりました。

日本酒ファンの方々はそんな珍しいお酒を堪能しに行ってみてはいかがでしょうか?

その他銘柄も豊富に揃っているので、日本酒の味くらべをしながら、お酒に合う逸品で楽しんで、晩酌ライフを楽しみましょう!

日本酒・焼酎もさることながら、美味しい料理が破格の値段で楽しめるのは、世のお父さん達には嬉しいお店だと思います。

而今

三重県名張市の酒蔵

木屋正酒造(きやしょう)は文政元年(1818年)江戸中期に創業。
当時の風情を残した店舗兼主屋は登録有形文化財に指定されています。
長らく「高砂」ブランドの酒を作り伊賀地方を中心に販売していました。 すべての工程を見直して造られた新ブランド「而今(じこん)」を2005年にリリース、全国地酒専門店に卸しています。

而今には「過去に囚われず未来に囚われず 今をただ精一杯生きる」という意味があります。
この想いで酒造りに挑みピュアでフレッシュなお酒を醸しています。

(公式ホームページから引用)

鍋島

佐賀県鹿島市の酒蔵

450石にも満たない小さな酒蔵の弊社が、地元小売店の若手後継者4人とともに勝ち残りをかけ、「佐賀・九州を代表する地酒」「地元の米と水で醸し出す愛される地酒」を目指してゼロからスタートし、1998年4月に誕生させたのが「鍋島」です。

世界最大規模・最高権威と評価される「インターナショナル・ワイン・チャレンジ (IWC) 2011」で、佐賀の酒「鍋島 大吟醸」が日本酒部門の最優秀賞
「チャンピオン・サケ」に選ばれました。IWC日本酒部門は、海外での日本食人気を受け
2007年に新設された、日本国外最大の日本酒品評会です。
出品される参加蔵元、銘柄数共に年々増え、2011年は206蔵元468銘柄と歴代最多の出品数でした。

(公式ホームページから引用)

お酒について調べだすと飲みたくなっちゃいますね。
なかなか手に入らないお酒なので、飲みに行きたくなっちゃいます。

従業員も募集中

IMG_9181居酒屋・焼き鳥屋で働きたい!という方にも朗報です。

朱蔵では、社員・アルバイトも募集しているとのこと。

長く朱蔵にて働いてみたいという方はもちろん、行く行くは居酒屋経営が目標だという方、学生など、目的は色々だと思いますが、興味を持たれた方は連絡してみてはいかがでしょうか?

北24条という街、居酒屋で働いて、お店の方々はもちろん訪れるお客さん達とのコミュニケーションをきっかけに、コネクションを広げれる楽しい職場だと思います。

興味を持たれた方は要チェックです!(2016.02.03現在)

早々に決まってしまった場合はご容赦ください。

営業時間も若干変更

【月曜〜木曜】17:00~翌24:30
【金曜、土曜、祝前日】17:00~翌3:30
【日曜、祝日】17:00~23:30

足を運んでみようと思った方は、お間違いが無いように。

朱蔵さんの、お酒の入荷と従業員募集、営業時間変更についての情報は、facebookページにて公開されておりました。

【現代日本酒のトップブランド而今、鍋島再入荷!】•而今 純米吟醸 八反錦おりがらみ•鍋島 純米吟醸 山田錦生本日より提供致します。飲食店でも手に入れるのが大変な逸品です。札幌だと高級店でも中々お目にかかれません。どちらもジュ…

Posted by 朱蔵 on 2016年2月2日

チェックして朱蔵さんへ足を運んでみてはいかがでしょうか?

朱蔵