ニーヨン酒場探訪録 動画を撮るようになってからのお酒の楽しみ方

0001北24条をもっと広めたい!もっと元気になって欲しい!という思いから始まった「北24条(ニーヨン)酒場探訪録

少々凝り性な部分があると自己分析しているのですが、飲んでる雰囲気をYoutubeへ動画を投稿するようになって、ホームページへ写真を掲載するだけの時よりも色々と考えることが多くなりました。

妙に懲りはじめて、いっぱしのテレビ番組風に編集するのも、趣味としては楽しい時間を過ごせてますが、少々編集に時間がかかりすぎてるかもしれません。

自分達が話した言葉を拾ってテロップを入れてるので、時間もかかるわけです。
出来上がった動画を見て、よくやってるなと自分で感心してみたりします(自画自賛)

00003 00002

そう、Youtubeというメディアを使えば、ちょっとしたTV番組を企画してるのと変わらないのかもしれません。

この動画でお店の雰囲気や料理、そして従業員さんの人となりを感じてもらえてますか?

0006_1

0005 0004
もし、そういう所を感じてもらって、お店に興味を持って足を運んでもらえたら、嬉しいことだと思ってます。

そして今までよりも、ただ飲んでるだけでなく、楽しく飲んでる雰囲気を伝えなくては!という思いが強くなった気がします。

となると動画に気を取られて、お酒を飲んでること自体を楽しめなくなったのでは?なんて考えてしまう人もいるかもしれませんが、その逆でどんな話題をテーマにトークを撮らなければならないかと、飲む前に考えるのが楽しくなりました。

0008

何せ、とりあえずカメラを回しておけば、あとでイイとこ取りで編集がきくので。

というわけで、なんとなく誰かに見られてるような感覚でお酒を楽しむ機会が増えました。

こういう感覚はクセになりますね。(笑)

こうやって動画の枠を簡単に個人が持てる時代になったことも素敵なことだと思います。

そして、ニーヨンに出て飲んでる歳に「あの動画の内容は面白かった」なんてことを言われると、ちょっと調子に乗って有名人にでもなったような気分に浸れます。

0009

みんなでお絵描き大会をやったこともあります。

お酒をただ飲んでる時よりも、色んな意味で話題が豊富になるのが楽しいと感じるわけです。

実際には基本的に台本などは無しに、行き当たりばったりのグダグダ感満載なトークなんですが、ちょっとトーク内容を考えておくとスムーズに話が展開できます。

盛り上がると動画の長さは1~2時間は撮ってるのですが、実際に使えるのは15~20分ほど。(結構お見せできないアウトなトークも満載なので・・・)

そんな動画を何度となく繰り返し見て使えそうな部分をピックアップしていくわけですが、意外と動画制作は大変なんだなと感じています。これが仕事だったら・・・なんて考えたらウンザリですね(笑)

内容は置いておいて、写真とテキストのみで展開するよりも、動画のほうがお店の雰囲気だったり料理のテイストを直接的に伝えることができるんじゃないかとも感じてます。

このご時勢、携帯電話でどこにいてもインターネットの情報を確認できるようになったので、もしかしたら都合のいいヒマ潰しになってくれないかなとも思っています。

まだまだ、活字によるネット閲覧が主流なのかもしれませんが、動画も北24条の素敵な部分をお伝えしたいという気持ちで作ってますので、どうぞご覧になってみてください。

0007

せっかくまとめたので、より多くの人の目に触れて、北24条の地で「塩ちゃん」「よっし」を見かけたら、「北24条(ニーヨン)酒場探訪録」の話題をふってみてください。

出演したい!という人も大歓迎です(笑)

そうやって声を掛けられることが、今の二人の活動の原動力となっています。

そして、この動画をきっかけに色んな人と繋がって、楽しく過ごすお酒の席を共有できたら幸せなことだと思っています。

北24条(ニーヨン)酒場探訪録