北24条おこしは、関わるみんなの力で!

地方分権・市町村合併などが進められる中、「街おこし」がテーマになっている自治体が多数あることでしょう。
そんな中「ゆるキャラ」なるもののブームはそういった「街おこし」を必死に考えている地域振興の結果なのかなと感じている。

北24条も例外では無いと思う。

イルミネーション夏のハシゴ酒企画や、来月開催されるニーヨン再発見の旅といった企画は、北24条を知る北24条に関わる人達が、繁華街の特性を活かして多くの人に北24条のファンになってもらおうという、北24条の素敵なところをアピールする「街おこし」なのでしょう。

こういった企画には、北24条をホームグラウンドとして遊んでいる方々には盛り上がるきっかけとして大いに歓迎です。

しかし、内輪だけで盛り上がっていても本題の「街おこし」には繋がらないのかもしれない。

札幌という約200万人が滞在する都市、そして石狩・小樽・江別・北広島と、隣接する都市にも北24条という街は盛り上がってると認知してもらえるような広報が「街おこし」と平行して進んでいないと、企画は絵に描いた餅になってしまうのではないだろうか。

実際のところ、イベント後に「そんなイベントやってたんだ」なんて言葉を知人から聞くことも多々あった。
割と北24条エリアで暮らす人にだ。

そんな台詞を聞いて、イベントの訴求力が足らないということも感じていたのは確かだ。

行動力のある人間が一念発起して立ち上げ、賛同者がいて進んだ企画があったのなら、そういった行動力を無駄にしてはいけないと思う。
街を盛り上げようという流れを街全体が一体となって協力してこそ「街おこし」に繋がるのであろう。

少数の人間の意見よりも、企画に参加して様々なアイデアを出すことにより、より良い企画が生まれるであろう。

そして、より良い企画が生まれたらそれを発信する力も必要になるはず。

広範囲にその企画を認知してもらえる様々な手法も、色々な人が集まれば色々なアイデアが出てくるはず。

IMG_4444たとえ北24条で商売していなくても、北24条がホームグラウンドだという人達も街が元気で賑やかなほうが素敵な事じゃないでしょうか?
そんな人達にもアイデアの一端を話せる・聞けるという環境があったらいいなと思っています。

むしろ、そんな話をできる人達と熱く飲みながら語ってみたい(笑)

北24条に関わる全ての人達の思いを形にできたら「街おこし」は成功すると思います。

来月開催の「ニーヨン再発見の旅」企画も、北24条ホームの人達には是非参加してもらい新しい意見が飛び出してくれることを楽しみにしている。

そして、多くの人に「こんな企画があって北24条は盛り上がってるよ!行ってみよう!」と訴求の手助けもしてもらいたいと考えています。

さらには、こういったお祭り企画にはお祭りに参加する感覚で、北24条で営業するお店にもたくさん参加してほしいなと感じてます。

おそらく企画の期間中は大変になることもあるかもしれない。
そこを乗り越えた先に、街のファン、お店のファンが増えてくれるんだという気持ちで前向きに考えて頂きたい。

参加を決めたお店には「こんなイベントに参加するよ!来てね!」と、あらゆる場所で発信しましょう。

まずは一番の広報は人から人への口伝、口コミだと思います。
北24条に関わる全ての人達には、こういった企画があることをなんらかの手段で多くの人に伝えましょう。

その結果、イベントが様々な人達に認知されて「北24条に行ってみたい」と広く思われることを祈っています。

その先にイベントが開催されていない日でも再度北24条に訪れるファンが増えてくれることを願って。

 

↓シェアして情報を広めてください。

ニーヨン再発見の旅」今から非常に楽しみにしています。